妊婦の予防接種.com

インフルエンザの予防接種を受ける時期

毎年インフルエンザが流行する時期が近づいてくると、そろそろインフルエンザを受けなければいけないと、そわそわした気持ちになる人が多くなるものです。インフルエンザの予防接種は、適切な時期に受けなければ有効的な予防は出来ないと言われています。それでは理想的なインフルエンザの予防接種を受ける時期とは、一体いつなのでしょうか。
通常の健康的な大人の場合、大体インフルエンザが流行し始める時期の約2週間から3週間前に予防接種を受けるようにするのが一番良いとされています。なぜなら予防接種を打ってから約2週間から3週間後に、免疫が獲得できるからです。そしてインフルエンザが流行する時期とは年によってももちろん違ってきますが、大体11月から3月頃であると言われています。それらを総合して考えると、通常の健康的な大人がインフルエンザの予防接種を受けるのに最も適した時期とは、10月中旬頃だということが出来ます。そしてインフルエンザの予防接種を受けたことによって獲得出来た免疫は、接種後4か月から5か月は有効であると言われています。なので10月中旬に予防接種を受けた場合、とりあえずそのシーズンにインフルエンザにかかってしまうことについては、とりあえずあまり心配する必要はないということが言えるのです。
なのでもしもお金と時間に余裕があるという人の場合は、10月中旬位になったらすぐにでも予防接種を受けるようにした方が良いのです。早く接種を打つことが出来れば、早く免疫を獲得することが出来るので安心なのです。しっかりと接種を受けることで、インフルエンザになって学校や会社等を休まなければいけなくなるという事態を避けることが出来ます。

妊婦の予防接種と予防対策

インフルエンザに限らず、色々な病気を防ぐ為に、予防接種というのは非常に有効な手段となります。特にインフルエンザは毎年必ず流行するということが分かっていますので、計画的に予防接種をする必要があるのです。しかし妊婦の人は、とにかくお腹の中の胎児への影響を気にして、予防接種を受けてしまうことを避けてしまいがちになります。現実に、妊婦は色々な予防接種をしてはいけないと思い込んでいる妊婦というのも、沢山存在しているものです。しかし実はこれはとんでもない思い込みであり、むしろ妊婦こそ積極的にインフルエンザの予防接種を受けた方が良いのです。それは一体どうしてなのでしょうか。
何故なら妊婦が万が一予防接種を受けずにインフルエンザにかかってしまった場合、タミフル等のインフルエンザ治療薬が積極的に使えない為、治りが遅くなってしまうということがあるからです。インフルエンザというのはただでさえかかってしまうと辛い症状なのに、それを治療する薬すら飲むことが出来ないということは、大変に苦しいものです。なので妊婦こそインフルエンザの予防接種を、積極的に受けていく必要があるのです。
ところでインフルエンザの予防接種は、妊婦が受けても胎児に影響はないのでしょうか。もちろん胎児に影響を与えてしまう可能性についてはゼロであるとは言い切れないものの、限りなくゼロに近いというのが医師等の見解です。なので安心して接種を受けるようにしましょう。
そして妊婦は接種を受けるのみならず、家庭でもインフルエンザの予防対策をとる必要があります。栄養のある食事を摂ったり、しっかりと睡眠をとる必要があるのです。しっかりと予防して、健康な赤ちゃんを出産しましょう。

妊婦がインフルエンザに感染した場合

妊婦がインフルエンザに感染してしまった場合、非常に面倒くさいことになってしまいます。なぜならインフルエンザによく効くとされる治療薬のタミフルを服用することが出来ないからです。なので通常のインフルエンザ患者よりも、完治までに長い期間が必要になってしまうのです。つまり、長く苦しむことになってしまうというわけなのです。そのような思いをしたくないのであれば、妊婦は積極的にインフルエンザの予防接種を受ける必要があります。妊婦の中には薬がダメなのだから、予防接種もきっとダメに違いないと思い込んでいる人も沢山いるものですが、実はそれは単なる勘違いなのです。妊婦の場合であっても、インフルエンザの予防接種は何の問題もなく受けることが出来ます。何故なら予防接種を受けたとしても、お腹の赤ちゃんに悪い影響を及ぼしてしまう危険性は極めて少ないからです。そうであるならばインフルエンザが流行し出したら、なるべく早く予防接種を受ける必要があるのです。インフルエンザの予防接種を受けることを避けてもしもインフルエンザにかかってしまったとしたら、そちらの方が余程苦しい思いをしてしまうことになるのです。
もちろん妊婦も普通の人達と全く同じように、予防接種を受けたからといって100パーセント感染を防ぐことが出来るわけではありません。場合によっては接種を受けているにも関わらず、軽めのインフルエンザになってしまうこともあるのです。しかしそのような場合でもリレンザを使用することは出来ると言われていますので、それ程悲観することはありません。とはいえやはりなるべくならインフルエンザにはかかりたくないと思うのが普通ですので、しっかりと日常生活を送る際にも注意をして、流行期間中を乗り切っていきましょう。
インフルエンザの症状と予防
タミフルの副作用と異常行動について