妊婦の予防接種.com

予防接種の購入と接種間隔の重要性

日本では予防接種は多くが自己負担となっています。自治体によっては無料化されていることも多いですが、購入するものと考える方が多いです。予防接種はワクチンを注射することになりますが、インフルエンザウイルスには多数の型があり、購入時に型を選ぶ、もしくは混合型として購入することになります。ウイルスの型が外れれば予防接種をしてもインフルエンザにを発症してしまうのですが、型が外れる以外に前回の注射から間隔が長すぎても新たにインフルエンザウイルスに感染してしまう恐れはあります。予防接種は弱体化させたインフルエンザウイルスを体内に注射して抗体を作ることで感染を防ぎますが、抗体は永遠にあるわけではないので間隔が空けば役目を終えていなくなります。インフルエンザウイルスの場合は半年程度でワクチンの効果が薄れてくる場合が多いので流行期である11月から3月までに照準を合わせて10月ごろから予防接種をする方が増えてくるようです。インフルエンザワクチンの摂取間隔は取り決めがあるわけではありませんが、1年に1度行なう程度で充分とも言われています。また、ワクチンは毎年のインフルエンザの流行かから統計的に考えられて型が決まります。そのため、型が外れればワクチンは薬にたちません。そのため、予防接種の他にタミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬を予防薬として利用する方も増えています。特にタミフルは個人輸入することもできるので備蓄しているという家庭も多いようです。ただし、両薬とも副作用が少なからず確認されていますし、特に未成年への投与は問題が起きやすいので投与後はよく観察し、異常が発生した場合にはすぐに医師の診断をうけることが必要です。