妊婦の予防接種.com

予防接種と鶏肉アレルギー、熱のないインフルエンザ

毎年、初冬に入ると日本中にインフルエンザ感染者が出てきます。急速に感染するウイルスで、1人が罹ると一気に広がるため、学校で休校になることはよくあります。インフルエンザが普通の風邪と違う点は、こうした感染力の他に、39℃の高熱が突然出ることや、関節痛、筋肉痛など全身に症状が現れ、重症化することがあります。特に高齢者や慢性疾患患者は、死亡する人もいます。抵抗力の弱い世代や人は、インフルエンザの流行が始まると、外出を控えるなどして、感染しないように注意しなければいけません。
注意をしていても感染してしまうものですが、罹ったかな、と思うような症状がある場合は、マスクをしてすぐに病院で受診しましょう。中には、熱のないインフルエンザ患者の方もいますので、普通の風邪だと思って、市販の薬を服用しているだけで放置しておきますと、重症になることもあります。人にうつさないためにも、風邪の症状が出たら、早く病院に行くことをお勧めします。
インフルエンザに罹らないために、予防接種を受ける人は多くいます。インフルエンザの予防接種は、流行する前の12月中旬までに受けるといいでしょう。
予防接種の有効性は、世界的にも認められており、受けていなかった高齢者の
インフルエンザ死亡率は、受けていた人たちと比較して高いことが実証されています。
インフルエンザで重症化しやすい65歳以上の高齢者の方などは、予防接種の対象者となっていますが、受けるか否かは本人の意思となっています。
予防接種を受ける際に、鶏卵や鶏肉などに対してアレルギーがある人は、医師に相談しましょう。インフルエンザワクチンには、鶏卵の成分が含まれているため、鶏卵や鶏肉にアレルギーのある人は、うっても問題はないかを確認しなければなりません。他の予防接種を受ける場合も、鶏卵や鶏肉の他にもアレルギーがある人は、受ける前に医師に伝えるようにしましょう。