妊婦の予防接種.com

エボラ熱の感染予防接種はなく、耐性も作りづらい

エボラ熱の感染は主に接触感染であると考えられています。ウイルス性の感染ではインフルエンザのように飛沫感染もありますが、エボラ熱の感染では傷や粘膜からの感染が多く、体液などを直接触らない限りは感染しないと考えられています。また、エボラ熱は予防接種ができません。ワクチンも作れないために予防接種ができないのです。ウイルス性の病気の多くでは予防接種ができるのでエボラ熱がいかに難しい病気であるかを示しています。エボラ熱は地元の方にも耐性がほとんどないと言われている新種のウイルスです。多くの感染者と死亡者が出ていますが、耐性を持った人を探すことが未だにできていないと言われ、耐性がないのでワクチンも作れず、エボラ熱が流行すると止めるのがとても難しいのです。エボラ熱はまだまだ分からないことが多く、治療にあたる医療関係者の二次感染が恐れられています。エボラ熱の感染は体液などからの感染が多いので防護服を使えばほぼ感染を防げますが、血液など見えやすいものであれば注意しやすいですが、分泌液などでは見えないことも多く、防護服を脱ぐ際に感染してしまった場合もあります。エボラ熱は特殊なウイルス性の病気ですが、インフルエンザでも同様なことが起こりえると考えられています。インフルエンザは変異がしやすいく、特に鳥インフルエンザウイルスが人に感染するタイプに変異するのではないかと恐れられています。日本では各地に感染対策用に病院が指定され、各種防護設備が完備されていますが、まだまだ数が足りません。また、ウイルスの調査のための設備もこれまでなかったのですが、ようやく設置されることが決まり、新型ウイルスの解明が期待されています。